ウラン残土市民会議
2006年11月11日    1.総会報告
   2.会則  活動方針
   3.ウラン残土年表 (訴訟まで  訴訟後) 
   4.18年間のウラン残土撤去運動を振り返って
   5.ミニ講演(「消えない毒物」) 京都大学原子炉実験所  小出 裕章
   6.「ウラン残土訴訟を支える会」を「ウラン残土市民会議」に改組
   7.
2006年12月28日 「支える会」総会・続報
 1、ウラン残土の発覚から撤去まで
    18年の闘いを支えてくれた人たち共に
              訴訟原告 榎本益美
 2、権利のための闘争
    榎本さん訴訟の法的な意義(1)
               弁護士 妻波俊一郎
 3、核燃料サイクルの負の遺産と対決
    榎本さん訴訟の法的な意義(2)
               弁護士 水野彰子
2007年12月25日
方面自治会が新公民館建設へ
     制裁金を地域振興に活用
2007年5月20日 5/6 米国から平和巡礼団
    人形峠隣接のウラン残土レンガ加工予定地を訪れる
  ナヴァホ族のポンチョさんが鎮めの祈り
2007年5月20日
 ウラン残土のレンガ加工工場の建設着工
2009年11月30日 原発宣伝に利用された青谷の因州和紙に関しての抗議文(pdf)
             =中国電力の『エネルギア』の因州和紙の特集について=
2009年11月9日 「カラスは白い」?−−原発はクリーンか
          電力会社の詐欺商法を批判する  
(土井淑平)