各地からのメッセージ


 鳥取県湯梨浜町方面地区のウラン残土の麻畑搬入の情報に対して、各地から激励や抗議のメッセージが次々寄せられています。ほとんど署名ともども公開の了解をいただいていますが、今回は個人はすべてイニシアルで紹介させていただきます。今後とも紹介しますのでどんどん寄せて下さい。


抗議文

ウラン残土の湯梨浜町麻畑地区保管案を撤回せよ!
   方面地区住民の要求を踏みにじるな!
核燃料サイクル開発機構 理事長 殿塚猷一 殿


 核燃料サイクル機構が鳥取県湯梨浜町(旧東郷町)方面地区に放置してきたウラン残土に対し、方面自治会がその撤去を求め訴えた裁判は、鳥取地裁、広島高裁松江支部での住民側勝利判決に続き、10月14日、最高裁で勝利判決が確定した。
 これに対し貴職は、11日、方面地区からわずか1qしか離れていない、同町麻畑地区にウラン残土を移転・保管すると発表した。貴職が示したこの新たな麻畑地区保管案は、判決にウラン残土の撤去先が明記されていないことを逃げ道とした、ハレンチ極まりないものである。貴職の行為は、ウラン残土放置発覚から17年間、実力撤去を含む長期にわたる運動のうえに住民が勝ち取った裁判の判決を、事実上なし崩しにし、住民にさらなる苦痛を強いるものである。ウラン残土の撤去を求めてきた方面地区の住民の要求をどこまで踏みにじれば気が済むというのか。
 11月1日、勝訴した方面自治会は、ウラン残土を撤去するため鳥取地裁に強制執行の申し立てを行った。地元住民は、貴職の人形峠環境技術センターでウラン残土を保管することを一貫して要求している。ところが貴職は、強制執行を逃れ、人形峠環境技術センターへの搬入を何としてもくい止めようと麻畑地区保管案を提示した。それをもって、15日に方面地区に対して請求異議の訴えを起し、強制執行停止決定の申し立てを行い、住民側の強制執行を妨害している。
 「ウラン残土を撤去せよ」との判決確定に対し、悪行を重ねる貴職の行為に断固抗議する。
 さらに貴機構の石村理事は、判決を自分の都合に合わせて解釈し、「撤去先について地元同意は必要ない」と述べた。盗人猛々しい言い分である。貴職は、搬出先となる岡山県との合意がないことを理由に、これまで撤去をサボタージュし続けてきた。これに対して判決は、合意がないことをもってウラン残土を撤去しない根拠にはならないと指摘したのである。にもかかわらず今度は、麻畑地区での保管案に際して、地元同意は必要ないと強弁している。まったくもって許されない主張である。同時にこのことは、日本の原子力・核燃料サイクルの中核を担い続けてきた貴職の無責任極まりない姿勢を、一層克明に示すものである。
 麻畑地区での保管は、「ウラン残土訴訟を支える会」が指摘しているように、安全面からも大きな問題を抱えている。そもそも、貴機構自らが1999年に別所地区での保管案を発表した際、「ウラン鉱床が存在しない。急傾斜地でない」ことを安全性の条件としてあげていたではないか。ところが実際は、麻畑地区は旧鉱山がある急傾斜地である。また現在でも、水や土、植物、そして大気から高濃度の放射能が検出されている。流出した土砂の一部が川に流入、汚染が拡大されていることも判明している。残土埋設のためにトンネル掘削をすれば、ウランやラドンといった危険な放射能が周辺に撒き散らされる。住民をこれまで以上に被曝の危険にさらす麻畑地区保管案など、絶対に許されない。

 麻畑地区保管案を即刻撤回することを強く要求する。
 方面地区住民が求める、人形峠環境技術センターでウラン残土の保管を行うよう要求する。

2004年11月16日
美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会 
代表:小山英之
大阪市北区西天満4−3−3 星光ビル3階 
TEL 06-6367-6580  FAX 06-6367-6581
ホームページhttp://www.jca.apc.org/mihama/
(この抗議文は『美浜の会ニュース』N0.79より転載させていただきました)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

核燃理事長と文部科学大臣への抗議文
 核燃料サイクル開発機構理事長・殿塚猷一氏と、文部科学大臣・中山成彬氏に抗議文を怒りを込めてメールで送りました。
       2004年11月28日 T
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

核燃料サイクル開発機構理事長 殿塚猷一 殿
文部科学大臣 中山成彬 殿

 最高裁の決定を真摯に受け止め、鳥取県湯梨浜町方面地区のウラン残土を、岡山県上斎原村にある核燃人形峠環境技術センターに撤去してください。
 そして厳重に管理してください。
 最高裁の決定にもかかわらず、ウラン残土を方面地区から1キロ先の麻畑地区に移転しようとしているというのは事実なのですか。
 ウラン残土の撤去を15年も引き延ばしてきたあげくの、信じられない暴挙です。
 しかも麻畑地区は県立自然公園内にあり、風景や環境を悪化させる計画は絶対に認められません。
 危険で無謀なトンネル保管案を直ちに撤回してください。
 こんな卑劣な仕打ちが、はたして日本の原子力政策に責任をもつ国の機関のやることでしょうか。
 原点に戻って、日本の、地球の未来のために、原子力政策を見直してください。
       2004年11月26日 神奈川県民 H
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
     
核燃に抗議文
榎本さんの訴訟公判の傍聴に何度か出かけた大阪のKです。その後なかなか都合がつかずそちらに行けず、申し訳なく思っています。
 自治会のほうの訴訟で最高裁判決が確定した後も、核燃がその場しのぎのウラン残土保管案を発表していることに強い憤りをおぼえ、核燃に抗議文を送っておきました。
 最終的な解決に向けてあと少し頑張りましょう。そして、榎本さんがゲットした猪肉を食べながら勝利の酒をまた飲みたいと思っています。
      2004年11月28日 大阪 K
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

核燃料サイクル開発機構理事長 殿塚猷一 殿
文部科学大臣 中山成彬 殿
 

 公的機関が、なぜ判決に従わないのですか。鳥取県湯梨浜町方面地区のウラン残土
を核燃人形峠事業所に撤去すべきです。これ以上、醜態をさらさないでください。さ
もないと、貴職の社会的な信用は地に落ちるばかりです。
        2004年11月28日 新潟県 K
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

核燃料サイクル開発機構理事長 殿塚猷一 殿
文部科学大臣 中山成彬 殿 


 宛に、ウラン残土保管問題に関して抗議のメールを送りました。
        2004年11月30日 北海道千歳市 N
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

麻畑地区へのウラン残土搬入に抗議する! 
核燃・人形峠技術センター所長 殿

 この度の貴職の行為は、国民の核燃に対する信頼を著しく裏切るものと言わざるを得ません。
最高裁による確定判決通り、人形峠技術センター内の所定地へ速やかにウラン残土を撤去して下さい。
 全国の市民が注目しております。
 姑息な手段を取ることは、もはや許されません。
        2005年2月20日 北海道千歳市 N
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
方面地区のみなさま
今頃、現地では抗議行動が行なわれている頃だと思います。
寒い中、本当にご苦労様です。長年、この問題を知りながらなんにもできていません。
もうしわけなく思っております。どうか風邪をひかないようにと祈ります。
全国、どこでも当事者とほんの少しの方しか関心がないというのが気になっています。
大阪から応援しております。 
 2005年2月21日 大阪 M
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

方面地区と川上地区の住民の皆さん
核燃の破廉恥な行為にいきどおりを覚えながらもそちらに駆けつけられない者から、激励のメッセージを送らせてもらいます。
 方面地区住民との撤去協定を、あきれ果てる解釈で逃げようとして失敗した核燃が、今度は裁判所の判断を強引にねじ曲げて、わずか数百メートルしか離れていない川上地区麻畑たい積場への搬入で方面地区からの撤去は完了と、またまた詭弁を用いて幕引きを計ろうとしている。
「うそつき動燃」の体質はまったく変わっていないと言われても仕方ないし、方面・川上両地区の皆さんが断固反対の意志表示をされるのは極めて当然だと思います。
 たしかに、最高裁判決では方面のウラン残土の搬出先は明示されていないが、誰もがはるかに大量の精錬鉱さいやウラン残土が保管されている岡山県上斎原村の核燃施設への搬出を頭に描いたことでしょう。
それを「岡山県が認めてくれないから。」などという理由にならない理由で履行しようとしない、まさに「うそつき動燃」です。
 住民総意の反対や鳥取県の禁止命令を無視して、方面のウラン残土を川上に搬入しても、何の解決にもならないばかりか、核燃に対する不信が増すばかりです。このような核燃のやり方には、断固抗議の声をあげ続けたいと思います。
 いま麻畑に結集されている皆さんの行動は、無理を力づくで押し通そうとする「お上」
に対する、まったく正当なものです。私のように現地に駆けつけられない多くの人々が各地で応援しています。厳しい寒さの中での行動は大変でしょうが、身体には呉々も気をつけて、搬入阻止に向けて頑張って下さい。
人形峠付近を源にして瀬戸内海に流れ込む岡山県の吉井川の河口付近で生まれ育った私には、方面のウラン残土問題はとりわけ思い入れがあります。できれば駆けつけたい!
         2005年2月21日 大阪にて K
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ウラン残土麻畑搬入強行大反対です
 ましてや搬入先は県立自然公園内とか。
 核燃機構のなり振りかまわずの態度に怒りを通りすぎ、あきれるばかりです。
 知事の言う通り、国の原子力行政を担う機関として資格がありません。
 行けなくて残念ですが、皆様頑張って下さい。
         2005年2月21日 和歌山県在住 Y
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

核燃の暴挙と愚行を闘う皆さんへ
 核燃が隣接地にウラン残土を運び込もうとしていることは、故郷を思う気持ち、子どもたちの未来を思う気持ち、家族の健康を願う気持ち・・・まっすぐで切実なそんな心根を踏みにじる暴挙です。断じて許される行為ではありません。
 しかし、このような誰が見ても暴挙としか言いようのないことをしようとするのは、核燃は皆さんのパワーに追いつめられている証拠ではないでしょうか。
 核燃は愚行をしでかしてしまっているのです。
 核燃の暴挙と愚行に対し、敢然と闘うみなさんへ
 応援のエールと敬意を送ります。
         2005年2月21日 名古屋市 H
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

みなさまへ
核燃の卑怯、恥知らずな行いに、鳥取市で25年間暮らしていた私としては、ことのほ憤
っています。
 このような事件は、とても首都圏では起きるはずがないのです。鳥取県が山陰の片田舎であるがために、核燃はなめきっているとしか思えません。
 少なくとも日本はまだ法治国家であるはずです。
 鳥取県の名誉のためにも、法に基づいて、核燃の暴虐は決して許してはならないのです。
 現地行動に参加できなくて申し訳ありません。
 ぜひ、搬入阻止を成功させ、全国のニュースとして報道され、核燃の暴虐ぶりが全国民に明らかになることを心より願っています。
 核燃の正体は、日本の原子力政策の正体そのものなのです。核燃を通して、日本の原子力政策がウソとごまかしで塗り固められていることを、全国民が知らなくてはならないと思います。
 では、勝利を!  
        2005年2月22日 千葉県市川市 O
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

抗議文

住民の意思と安全をないがしろにする、
   麻畑地区へのウラン残土強行搬入の姿勢に抗議する

湯梨浜町麻畑地区でのウラン残土保管案を撤回せよ!
鳥取県の自然公園条例に基づく禁止命令にしたがえ!
方面・川上地区住民の要求を踏みにじるな!


2005年2月24日
    美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会

核燃料サイクル開発機構 理事長 殿塚猷一 様

 2月15日、貴機構は、鳥取県湯梨浜町(旧東郷町)方面地区に放置してきたウラン残土のうち、フレコンバックに袋詰めされた290m3を、麻畑地区の貴機構所有地にある残土堆積場に搬入・仮置きすると表明した。さらに、鳥取県が自然公園条例に基づく禁止命令を出したのに対し、貴機構は2月21日に、禁止命令の取り消しを求める行政訴訟を起こすとともに、その執行停止を求めた。
いずれも人形峠環境技術センターへのウラン残土撤去を18年間要求し続けてきた地元方面自治会、また撤去先である麻畑地区がある川上自治会、湯梨浜町、鳥取県等の反対の意思を一方的に踏みにじる暴挙である。私たちはこれに強く抗議する。
 とりわけ方面の住民は、ウラン残土の発生者としての貴機構の責任を追及し、訴訟を通じて人形峠環境技術センターへの撤去を求めてきた。昨年10月、最高裁判所は方面住民の主張を全面的に認め、人形峠環境技術センターでの保管を前提として、貴機構にウラン残土の撤去を命じたのである。それなのに、貴機構が発表した、わずか500mしか離れていない麻畑地区にウラン残土を移す措置は、到底撤去とは言えず、発生者責任を放棄したたらいまわしである。判決にウラン残土の撤去先が明記されていないことを逃げ道として、最高裁の撤去命令を事実上なし崩しにする麻畑での保管計画は、地元の切実な願いを徹底的に踏みにじるひどいものである。いま、貴機構は、地元の猛反対を押し切ってウラン残土290m3を麻畑に強行搬入し、この計画を実行に移そうとしている。まさしく言語道断、絶対に許されない行為だ。麻畑への搬入に向けた全ての行為を直ちに中止し、計画そのものを撤回せよ。
 貴機構は、今回発表した残土290m3の仮置きは土地の形状変更を伴うものではなく、鳥取県自然公園条例の適用除外だと主張している。しかし今回の仮置きは、貴機構が昨年11月に発表した、残土3000m3を麻畑地区へ搬入する計画の中の中心部分であって、土地の形状変更を必然的に伴う。290m3だけを切り離して適用除外を主張する貴機構の言い分は、搬入を強行するための詭弁にほかならない。また、あらゆる策を弄して最高裁判所の撤去命令を逃れようとする貴機構に、県の禁止命令が違法であるなどと主張できる資格など全くない。
 麻畑地区ではかつてウランが採掘されており、現在でも方面よりもウラン含有率の高い残土が放置され、大気や水、植物が汚染されている。そのようなところにトンネルを掘ってウラン残土を保管すれば、膨大な量のウラン残土が発生するだけでなく、周辺や下流に放射能汚染がこれまで以上に拡大することは明らかだ。住民被曝の危険をさらに増加させる麻畑地区保管計画そのものを、即刻撤回すべきである。
 麻畑でのウラン残土保管にむけた全ての行為を即刻中止し、麻畑保管計画を完全撤回することを強く要求する。
 方面地区住民が求める、人形峠環境技術センターでウラン残土の保管を行うよう要求する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

核燃に対しての抗議文

方面地区に不当に占拠するウラン残土については、住民が起こした訴訟でも、貴職の違法性が明らかにされ、速やかな撤去が求められています。
 しかし、貴職はそのウラン残土を同じ町内の麻畑に移すことでごまかそうとしています。長年にわたる住民の思いを無視し、わずかな距離を移動させることで住民が納得するわけがないではありませんか。一体、貴職は住民の思いをどう受け止めているのですか。そもそも、鳥取県が麻畑に移動させることを禁止命令まで出しています。今度は、それを差止請求するのですか。悪あがきも、いいかげんにしていただきたいものです。
 ウラン残土は、放置し続けた貴職の責任で、貴事業所(人形峠)に引き取り、管理するのが筋ではありませんか。これ以上、方面地区住民を苦しめないで頂きたい。また、これ以上の醜態をさらすのは見苦しいです。早期に誠意を持って解決されたい。


2005年2月27日

島根県松江市
芦原康江


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「核燃の職員」の方から、以下のような意見が寄せられました


このたびは、この腐りきった組織が皆様に多大なご迷惑をおかけしていることに
深謝いたします。

地元重視を目標に掲げ、声高に叫んでいますが、実態は地元の思いを踏みにじり、
嘘に嘘を重ねて強行に及んでいるのが中にいてもよくわかりますし、方面の方々
にはよりおわかりでしょう。
今回の件では、核燃の愚かな職員たちのほとんどは、「鳥取や方面の人はわから
ずや」というレッテルを貼っていますが、核燃の職員のほうが「わからずや」で
す。
核燃は、相手との約束も反故にし踏み倒し、人様に迷惑をかけても何とも思わな
い組織です。
さらには、最高裁の決定についても自分たちの都合のいいように解釈を歪曲して
踏み倒そうという魂胆です。日本の国にあってその国の法律や判決にさえも従わ
ない、遵法精神のかけらもない組織だということを世間に知らしめてしまいまし
た。

本当に情けない組織・人間ばかりです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


ウラン残土の麻畑回避に各地から祝電(メール) 

★ 2005年3月1日*******

 まずは、よかったですね。
 厳しいつばぜり合いが続くと思います。
 気を緩めることなく、ご活躍ください。
       大阪 K

 
いやー、ひとまず良かったですね!
禁止命令差し止め請求訴訟の展開・日程などが分かればまた、教えてください。
      大阪 S


速報、有り難うございます。
とりあえずは「ばんざい!」でしょうが、油断せずにがんばりましょう。
駆けつけられるようでしたら行きますから、今後とも速報よろしく。
      大阪 K


麻畑搬入阻止おめでとうございます!
これも榎本さんをはじめとする地元のみなさんが粘り強く法廷内外で拒否を貫く姿勢を示し続けたおかげですね!本当によかったです。
核燃がどのような行動に出るかまだ予断は許さないですが、人形峠事業所への撤去を勝ち取る日まで大阪からも応援し続けます!
      大阪 M


「核燃によるウラン残土の麻畑搬入の法的な道は閉ざされた!」
とりあえず祝杯をあげてもいいんですね!
皆様の奮闘に敬意を表します!!
これからも引き続き監視が必要、とのことですが
地元の皆様よろしくお願い致します。
私も遠くからですが、出来る限りのご支援をさせていただきたいと
考えております。
       北海道 N
  
★ 3月2日******


良かったです。
まだこれからがんばりましょう。
       鳥取市 0

よかったですね。 引き続き緊張は続きますが、
みなさま  お体を大切に
私は大阪でクリランスレベル導入阻止のロビー活動を行いました。
       大阪 M